不妊症について
​​
あなたにお話ししたいAMH検査のこと
​​

不妊症について

AMHとは 6組の夫婦のうち、1組は不妊症として悩んでおり、不妊症は決してめずらしい事ではなく、もっと身近に迫った問題となっております。不妊症と定義されている内容は、結婚した夫婦が赤ちゃんを欲しいと思い、避妊を行わず一般的な夫婦生活を行っているにもかかわらず、1年以上赤ちゃんを授かる事ができない状態、とされています。

WHO(世界保健機関)が発表した不妊症原因の統計で不妊症の原因は41%が女性側、24%が女性男性ともにあり、24%が男性側、11%が原因不明となっています。
このことからも、不妊症の原因が男性側にある夫婦は約4組に1組で、女性男性両方に不妊症の原因がある夫婦も約4組に1組となり、男性の原因が考えられるものは約2組に1組と約半数にのぼります。 その為、不妊症の検査は夫婦ともに受けることが原則と言えます。

不妊症の原因の多くは、複数の原因が、複雑に絡み合って不妊という症状が形成されています。
それと不妊の原因として年齢も関係しており、年齢を重ねる事により妊娠率は徐々に低下していきます。

赤ちゃんが欲しいと思っているにもかかわらず、なかなか妊娠しない場合には、その期間にとらわれず、早めに専門の医師等に相談することが大切になります。





​ ​