AMH・不妊症セミナーレポート(2017.10.07) - AMHセミナー
​​
あなたにお話ししたいAMH検査のこと
​​

2017年AMHセミナー連続企画 第一回 AMHセミナーレポート(2017.10.07)

AMH普及協会広報担当です。

10月7日(土)AMH普及協会・ジネコが主催するAMHセミナー「患者さんのための正しい不妊治療とは」
第一回「人も卵から生まれるの?~卵子の神秘を知ることから始めよう~」を品川フロントビルで開催致しました。

AMHセミナーでは三回に渡り、これから妊娠出産を考えておられる方や、不妊に悩んでいらっしゃる方、不妊治療を検討されている方に向け、妊娠における卵子の正しい知識と、AMHへの理解を深めていただく目的で不妊治療に関する有識者、体験者をゲストに招いて、セミナーを開催していきます。

10月7日(土)に開催された第一回目のセミナーレポートをお届けします。

第一部は、浅田レディースクリニックの浅田院長による妊娠において大切な卵子のお話。
生殖における男女の違い、卵子と精子の役割と違い、加齢による卵巣予備能の変化を漫画作品や映像を交えながら詳しくお話いただきました。

第二部は、タレント矢沢心さんによる不妊治療中の体験談。
矢沢さんは10代の頃より排卵障害の1つでもある多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん・PCOS)を患いながら不妊治療に臨まれてきたそうです。
夫魔裟斗さんとご結婚後に不妊治療を始めようと思われたきっかけや、タイミング療法中の夫婦の間でのリアルな会話についてお話しされました。
矢沢さんは不妊治療の体験をベースに書籍も出版されていますが、不妊治療による精神的、肉体的ストレスをコントロールしながら、不妊治療と真摯に向き合ってこられたことが伝わり、会場の方も真剣な表情で耳を傾けていらっしゃいました。

第三部は浅田院長と矢沢さんによるトークセッション。
トークセッションでは、矢沢さんが不妊治療を始められた当時、不妊治療への認知や理解が乏しい中でどなたに相談したのか、など矢沢さんが経験された数々のエピソードが繰り広げられました。

浅田院長からは、不妊治療は様々なクリニックや方法があり、先生方の勉強法も多様なため、結果を求めるならセカンドオピニオン、サードオピニオンも参考にしながら進められるとよいというアドバイスもありました。

また、矢沢さんは不妊に悩まれている方たちと定期的にお茶会をされているそうで、そちらで伝えているメッセージを会場にいる方々にも送られました。

"まず病院探しをしっかり行い、治療中に不安があればとことん医師に質問をすること。
セカンドオピニオンも求めてよい。治療中のデータをもらい、他の病院に行くこともできるため、結果の出ない治療を続けて自分の体を酷使しない。自分を大切にしながら、治療を進めてもらえたらと思います。"

最後に浅田院長から会場のみなさんへ、
"人生の大事な時間を子育てに使ってほしい。
2人目、3人目が望めるよう、医療者として早く結果を出すことにこだわっていきたいと思います。"
とのメッセージが届けられました。

AMHセミナー風景


ご参加いただいたみなさまからの感想を一部、ご紹介致します。

・浅田先生の話がとても分かりやすく勉強になった。

・AMHを知らなかったので詳しく聞けてよかった。

・卵子の大事さと時間・人生設計の大事さを知り、改めて今後の人生設計をきちんとしていこうと思いました。

・卵子のイメージが変わりました。まさに衝撃的でした。今日はどうもありがとうございました。

・浅田先生の生殖医療についての真摯な姿勢を感じることができて、とても感銘を受けました。改めてすばらしいと思いました。

・不妊で4年が経ち、少しずつ自分なりに学んだつもりでしたが、専門家の話を聞き医学的根拠をもとに説明していただき、考え方が変わりました。

・自分は医療者ですが、そうでない方の意見も聞くことができよかったです。

・26歳で1人目は1周期目の治療で出来、2人目は次の周期から体外受精を考えています。考えるだけじゃなく実行する自信になりました。科学的なお話を聞けてよかったです。

・矢沢心さんの妊活は雑誌で読みましたが、本人の口から聞くと本当に大変だったことが伝わりました。

AMHセミナー風景



AMHセミナー第二回は、12月2日(土)に開催されます。
不妊治療を受けるか一人で悩んでいる、いつまで産めるのか今からしっかり考えたいなど
お悩みのみなさまが、自分と大切なパートナーとの赤ちゃんのことについて一歩踏み出し、考えるきっかけとなる場を提供していければと思います。



AMHセミナー第二回の申込はこちらこちら



セミナー企画 「患者さんのための正しい不妊治療とは?」

 
開催日 講演時間 開催場所/建物名 定員 詳細
2018/2/10(土) 14時00分から
16時00分まで
東京都港区港南2-3-13
品川フロントビルB1F
品川フロントビル会議室
100名 申込はこちら
※主催:AMH普及協会
ジネコ
お問合せ:092-753-9777
※セミナーの日程は予告なく変更される場合があります。


日本では年間4万人以上の子が体外受精で生まれる世界有数の不妊治療大国と言われています。
その背景として、女性の社会進出や、晩婚化などが上げられますが、わたしたちが日常生活を送る中で、婚活や妊活というキーワードと共に、どれだけ不妊治療について語られているのでしょうか。
今回は多様な社会環境、経済環境におかれているわたしたちが、知っておくべき正しい医療の知識とはなにかについて、共に学び、考える機会を企画しました。
みなさまのよりよいライフプラン形成のお役に立てればと考えております。

<このような方を対象にしています>
・仕事が忙しく、結婚出産のタイミングに悩んでいる方
・いつまで産めるのか、漠然として不安を抱えている方
・不妊治療を検討する上で、予備知識をきちんと学びたい方
・現在不妊治療中で、不妊治療経験者の声を励みにされたい方
・パートナーにも妊娠について知り一緒に考えるきっかけにしたい方

セミナーは全3回開催しますが、お申し込み多数によりすぐにお席が埋まってしまう可能性がございます。より多くの方に大切な情報をお届けするため、セミナーの参加は1組2名までとさせていただきます。




​ ​